コルセッティングのご提案
コルセットの販売
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪漫コルセット展 5


第一会場19世紀末の浪漫コルセット展

 

コルセットは現在の我々に如何なる影響を与えているのだろうか?
この観点から、最後にコルセットの歴史を振り返ってみたい。

 

コルセットの起源はハッキリしないが、体の欠点を修正する発想の衣類ならば 古代ローマ時代まで遡れるようだ。しかし、明確にウエストを細くする目的の下着は近世に入ってから使われるようになった。


下の写真は16世紀、フランスの鉄で できた下着コールである想像するに
何とも着心地は悪そうである。
コルセット/フランス 1580-1600年頃 高さ35cm、幅25.5cm、奥行き19cm、
バストサイズ69.9cm、重さ1.4kgこの時代の鉄製コルセットは世界で も所蔵
するのは数館だけという稀少 品で、装飾的な唐草文様が気品を漂 わせる。 
身頃3片で構成され、後ろ の中央で蝶番によって開閉。現代では少女のよう 
なサイズだが、当時は 一般的だったと考えられる。

時代がもう少し下ると着心地の良い布製のコールが現れる。
これならもうコルセットと言って差し支えないのではなかろうか?


1750年骨入りコール フランス 背か前あるいは両方で紐結をぶ
形式 肩パット袖付き、長さは丈腰上まで 裾に切り込みあり、前は
先尖り長い 厚手裏地はひげ織の厚い麻生布、表 地はダスマク織
かモアレ絞り模様の タフタ、サテンあるいは錦織に刺繍 の絹ラメ
や銀もよく使われた.。

19世紀に入ると、きつく締められたコルセットに大きなスカート、
何とも想 像を掻き立てられそそられるクリノリンスタイルの登場
である。このスタイ ルを可能にしたのがコルセットに付けられた
クリノリンである。


針金で出来た巨大なクリノリンの上 からスカートをつけるところ/18 60年代



クリノリンスタイルの女性が馬車か ら降りるときクリノリンが引っかか
り転んでしまった。 決して見えてはならない女性の脚が 見えてしまい、
右の紳士は喜びを隠 せないようだ。/1860年代


巨大なクリノリンを付けた女性/18 60年代

クリノリンスタイルはそそられるが、日常生活の支障になる場合も多かった。
このため、1880年代に入るとクリノリンに代わってバッスルが登場する。 バッスル 
スタイルは絞り上げたウエストと極端に誇張したヒップでそそらせる スタイルである。


一階桟敷 J.ペロー1883


米1880年、米国ワーナー社製バッ スル軽くて、
涼しくて、快適であると 宣伝されている。

19世紀末に入ると、そのバッスルの使われなくなった。


19世紀末、マフ/ジャケット/帽子 外出は大変/ビーズ飾りの幾重もの長 いトレーン 

この時期、女性の自転車、テニス、乗馬、海水浴、登山などへのスポーツ活動
が盛んになってきた。スポーツをする時も慎み深い女性は決してコルセットを外し 
たり緩めたりしないのである。コルセットをきつく締めていてはスポーツ などでき 
ないと思うのは大きな間違えで、どんなスポーツでも出来るのである。


水泳

タロンが短くなった。女性達は羞恥心 から海浜用ガウンを着用することを
思 い付いた。水に入るときは脱ぐがあが るとすぐ羽織ったチュニックの下に
ゴ ム製のコルセットを進める雑誌もあっ た。


コルセットは水遊びにも必要だった。


乗馬


自転車


自転車服/1890年


1894サイクリスト英の版画より


1896年乗馬服


1900ごろ、日本

1900年ごろのストリップ このころのストリップは衣服を脱いで行くの
ではなく、なんと衣服を着て行く ”道徳的ストリップ”ストーリーは..


朝の目覚めを迎えた美女はシュミーズ姿..


女性がコルセットなしでいることは不道徳、
なにをおいても、まずコルセット


コルセットを軽く締めたら、ペチコート!


もう一度コルセットをキリリと絞り上げます。


道徳的義務を果たしたらこれで安心、
次は部屋着を付けてお化粧を始めましょう


米/1908年/妊娠、授乳中用コルセット

1900年ごろからSカーブコルセットはヨーロッパを席巻し始めた。このコル
セットはを付けた女性は常に胸と尻を突き出す姿勢を強制され、男をそそり続け
た。バッスルよりもエロチックなSカーブは、時を経ずアメリカにも上陸した。


1905年Sカーブコルセット

1910年ごろになると、柔らかい素材を使用したコルセットが現れた。


1911年一部ゴムを使用したコルセット


1920ごろの水着
1911年ポール・ポアレはコルセットを必要としないドレスを発表し、500年にわ
たるコルセットの歴史は幕が下りた。ポアレはコルセットを追放した。と服装史
の本には書かれている。しかし、 これは間違えである。 服装の変遷の唯一の
原動力は人々の心に根ざす不満である。ポアレの改良服の提 案は単にきっ
かけを与えてに過ぎない。
1930年代の柔らかい素材を使ったコルセット

しかし、1930年代に入ると再び細いウエストが強調され、
硬い素材のコルセ ットが使われるようになった。


ディアナ、スリップ社、パリ1932年製


ヴィクトリア時代の下着にあこがれと...


下着をよく知る客のためこれらモデルは作られた。


1930英コサード社、コルセットの 持っていた機能はブラジャーと絹の
キ ュロット上に付けられたガードルへと 分化して行く。


1937年米ワーナー社、伸縮自在の 快適なブラジャー、ガードルとオール インワン

1930年代のコルセット復活の動きは第2次世界大戦で中断した。
しかし、戦後ディオールのAラインが再び細いウエストを要求した。


1947年ディオール、ニュールック

1950年代に入ると再び柔らかい素材のコルセットが主流となる。
しかし、体を締め付け欠点を矯正しようとする発想は16世紀、フランス
の鉄コー ルと同じである。今日でも、ボディースーツやガードルで体を
締め付けることを 決してやめようとしない。これはそれが必要であるこ
とと、多くの女性はそれが 好きであることをを雄弁に物語っている。 
体を締め付けることを服装史の本の一 部には 社会的強制や資本主義
によって説明し批判している ものが見うけられるが ナンセンスの極みと
言ってよい。


1950年ストラップレスコルセット


1950年コルセット


黒のチュールのブラと伸縮せいのあるガードル1950英


1960年キャンプコルセット

このページでは皆様のご意見ご感想を求めております。また、
誤りなど御座いまし たらご指摘頂ければ幸いで御座います。

コルセットのお店を見る