コルセッティングのご提案
コルセットの販売
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルセット紀行 6


英国コルセット紀行パート6


ロンドン市内観光、バージンエアー

もう夕方で観光バスにも乗れないのでタクシーでウエストミュンスター前の船着場からテームズクルーズに 乗ることにしました。ウエストミュンスターからロンドン塔まで5.4ポンドでした。下のURLで詳しい情報が 得られます。 シティークルーズのHP

100

103

国会議事堂、ビッグベン

101

ロンドン水族館

102

ロンドン アイ

104

105

106

107

108

109

シェークスピア劇場ーシェークスピアばかりやっている見たいです。

110

111

112

113

114

115

116
タワー ブリッジ
117

118

ロンドン塔、時間が遅かったので中には入れませんでした。

この後、チューブかバスでパディントン駅近くのホテルに戻ろうと思いましたが、全然無理ぽかったのでタクシーで戻りました。タクシーを降りてホテルまで歩いている途中でカレーの臭いがしてきました。日本のそばやのカレーのイメージが頭の中いっぱいに広がってついつい地下のカレー屋に入ってしまいました。インド人のウエーターがメニューを持ってきましたが解読不能状態だったので、ウエーターにあなたが推薦するのはどれかと聞きました。するとウエーターはなにやらセット料理らしいものを勧めてくれましたので、それとコーラを頼みました。出てきた料理は私が勝手にイメージしたものとは程遠いものでしたが、それなりでした。値段は12ポンド、2400円ぐらいでしょうか ?イギリスは物価が高いです。

119

今日のホテル狭くてシャワーのみ、しかも高い

6月29日(火)

今日は何が何でも飛行機に乗り遅れないようにしないと格安航空券なのでパージされてしまいます。13時の出発だから、通常だと11時に空港に着けばいい計算だ けど、最近はセキュリテーチェックが厳しいから早 めに出て10時、でも10時はロンドンで遊ぶには半端な時間です。相当早めですが、ホテルを9時ごろ出て空港で買い物でもすることにしました。そうすれば乗り遅れのリスクもほとんどなくなるので安心です。

120

込み合うヒースロー空港、飲み物を買うのも行列でした。

121

ロンドンはいろんな国の人が集まるマルチカルチャーの都市ここで初めて本物のチャドル姿の人を見ました。チャドルって非常にセクシーです。

122

ヴァージンの747

123


東京行きはゲート40、待合室から20分も歩きます。動く歩道は工事中!

124

V900便はほとんど日本人専用便

125

A300-600これに乗りさえすれば故国の土が踏めます。

126

感激、弁当をゲット、

127

なんと、シベリアは夕方の次は昼間です。

人は誰でもある種の思い込みや既成概念のようなものをいつしか身に着けてしまっているものです。私の頭の中ではイギリス人に対して傲慢で尊大な帝国主義者のイメージが出来上がっていたと思います。でも、それは言うまでもなく誤りでした。パンクファションで 身を固めたちょっと見た目にはイカレタあんちゃんみ たいな人でも実は大変紳士的だったりしました。人類は実にさまざまな習慣や宗教を持った人々が生きています。しかし、人間の本質みたいなものはどこでも同 じなような気がしました。つまらない思い込みを持たずに普通に付き合おうとすればどんなに文化的背景が異なっていてもみんな仲良くなれると思いました。優等生的結論ですが、実感です。


最初に戻る...

コルセットのお店を見る