コルセッティングのご提案
コルセットの販売
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルセッティングガイドライン


コルセット着用に関する注意事項

コルセットは、大きな補正力を任意に調整することが出来ます。このため、コルセット補正力を適切に調整し、使用することが大切です。美しく健康にコルセットを装うため、下記のコルセッティングガイドラインをお守りください。

1.感覚的基準 苦しいと感じない程度に締める。
2.数値的基準 ノーマルウエストの-5cm程度を目安に締める。



コルセッティングに関する参考事項

着用方法
コルセットの下にはボディースーツや綿のアンダーシャツを着用してお肌を保護してください。また、地肌にはクリームやオイルを使用して乾燥肌の部分が生じないようにしてください。皮膚の発赤はコルセットを身につけた後の乾いた皮膚のサインです。コルセットをあまり強く締めず、気持ちの良い程度に締め、アンダーシャツなど皺やよれがある場合はそれを直してください。紐を締めるときは数回に分けて少しずつ締め、コルセット背部のハトメ部分ができるだけ上から下までの間隔が均一になるように締めてください。締め上げが終わったら、15分程度歩くなどの方法で身体を動かしてください。これによりコルセットにかかる張力が均一になり、少し緩みますので再度引き締めをしてください。その後の数度の締め付けでコルセットはその前よりもよりよく締る筈です。
コルセットトレーニングにおいては締め付けの強さよりも着用時間の長さの方がより重要ですので、早めにトレーニングを始めることが大切です。

短時間着用
もし特別な日にコルセットを非常にきつく締める場合、1時間を限度としてください。1時間以内の着用を守ることで快適に過ごすことができます。また、コルセットを使うときは自分のペースにあわせて無理なく使うことが大切です。もしあなたが締め付けに我慢できないなら、1/2インチ程度コルセットを緩めてください。そうすれば、コルセットと格闘するのではなく、コルセットを楽しむことができます。

食事
コルセットの着用前や着用中に多量の食事を取らないでください。脂肪がすくなくい食品、多量の水、果実、野菜、繊維性食品を摂るようににしてください。コルセットはあなたの胃を小さく保つので、比較的容易に体重の減少や維持が可能となります。

運動
運動は毎日してください。しかし、腹筋と背筋を鍛え、体側筋はコルセットトレーニングの妨げになるので鍛えないでください。アワーグラスタイプのコルセットの場合は特に体側筋が柔らかい必要があります。循環系の健康なため、散歩は大変優れています。あなたが散歩が好きならばコルセットをつけているあいだこれをすることができます。もし、呼吸が荒くなるようならば歩くスピードを落とし、あなたの呼吸容量に合わせてください。

就寝
コルセットはできるだけ頻繁にできるだけ長く着けてください。就寝時もコルセットをつけていることは体の適応と体形補正を早めます。通常、就寝時は締め付けを昼間の半分程度のに緩めます。

プロポーションの重要性
プロポーションは実際の寸法より重要です。例えば、ほっそりしているバスト/ウエスト/ヒップが31-22-32インチの女性がコルセットで31-20-32インチに補正した場合よりも、やや肥満傾向の38-28-40インチの女性がコルセットで、38-22-40インチに補正した場合の方がより劇的です。