コルセッティングのご提案
コルセットの販売
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルセットの着用と人体

コルセットの着用と人体

医学博士 アン.ビューモント(ANN BEAUMONT) c 2000

この記事はコルセットの着用と人体影響の一般教育を唯一の目的として書かれた。 その目的は、現在と将来のコルセット着用者がその短期及び長期的影響を客観的に考 えられるよう、現代の事実と歴史的な関連情報提供することである。

私は正確な情報提供に努めた、そして、これに関する質問や議論を歓迎致します。 目的は教育あることに注意して下さい。

第三章-永続性

第二章において、私はコルセットの持つ緊縛の各器官の生理学的影響のついて検討した。次に私は、コルセット着用の習慣の永久的な効果に関して私の発見と結論を提示したい。
永久的な効果を研究する前に、コルセットの用途を分類することは有用である。

  1. 背中と腹部の保護
  2. 体型の一時的補正 (短時間の着用)
  3. 恒久的身体矯正 (連続的着用

それぞれのケースで、長期的効果は異なる。これらのケースを分析するにあたり、我々は生理機能のどこが影響を受けるをあらかじめ知る必要がある。

背中と腹部の保護:
このケースで望まれる永久的効果は、背骨にかかる圧力と曲がりを減少させることである。胴、胸部と腹部の圧縮により、上体重量はコルセットの囲い込みと腹部内蔵によって軽減される、腹圧(IAP)の上昇と胴周囲がコルセット保護され固くなり支えられることによって、背骨の曲がろうとする力に抵抗し背骨と筋肉への潜在的損傷を防ぐ。
ここでの永続は腹筋と背筋の弛緩である、すなわち着用者の快適性と安心感である。第一に、これは通常、過度なデスクワークに伴う不適当な姿勢と、精力的活動の間の無理な姿勢に伴うストレスと、筋肉の痙攣と挟まれた神経から来る不快感を減少させる。
背中と腹部の保護の場合、締めつける範囲は6~9インチの幅である。その後のいくらかのウエストや腹部の減少があるだろうが、これは目的ではない。この場合、締めつけは弱いので普通、筋肉は固定されないので本当の恒久的影響は見られない。
これらの下着は、今日多くの種類が販売されており、多くは6インチ幅程度で紐締め式である。それらは今日、少なくとも米国においてはごく普通の衣類になっており、肉体労働の際の保護具として推奨されている。
物理的に、毎日の使用によってどんな依存性も生じない。その他、どんな永久的な影響も観察されない。

体型の一時的補正


図 1 - 適切にコルセットを使ったおしゃれなモダンディドレス。

体型の一時的補正のためには、多くの人々によって好まれまたは美しいと感じられる女性の体型へ、ウエスト、バスト、ヒップの比率(曲線)を改善することが必要である。これは、平均的に3~4インチの締めつけを意味する。例えば、35-28-36(ウエスト/ヒップ比0.78)から36-24-37(同0.65)の体型になった場合である。ウエストの締めつけは重力の影響を打ち消し、中年女性や男性をより若々しい体型に引き戻す働きがある。若年者や運動経験のあるコルセット着用者は堅い筋組織のために変位効果は少ない。これらの例では、リボンコルセットを腹湾曲部の危険がほとんどなく、使用することができる. 更に強い補正が必要な場合、下腹部をカバーする長めのコルセットが必要となる。

私は体型の一時的補正としての、「時々」のコルセット着用を一日の内の10%未満の時間と定義する。これによれば、コルセットを外している間に、身体は完全にもとの体型に戻ってしまうだろう。私はこれについて後に述べるだろう。

柔らかい組織に対する連続的な圧力は、脂肪の移動等により他の部分より細くなる、ちょうど指輪跡、きついウエストのスカートやズボンよるウエストの跡のように。長期間の着用は、明確な痕跡を残すだろう。しかし、外圧が取り除かれると、組織は再び膨張するだろう。圧縮が長期にわたる場合、組織の再膨張には圧縮の持続時間に応じより多くの時間がかかるが、この効果は永久的ではなく、一定時間続くだけである。

例えば、1週間数時間コルセットをつけたとしても、体型の恒久的変化は全くないだろう。それどころか、一時的着用時に起こりがちな締め過ぎ(4インチ以上の)によって、胸焼け、便秘および筋肉痛を起こすかもしれない。 皮肉なことに、コルセット着用を原因とするこれらのタイプ゚の病気の発病の可能性は、既にコルセットによる変形を身体が受け入れ、その結果、健康里にウエスト減少が進んでいる習慣的着用者よりも、一時的着用者が週に数時間の極端にきつくコルセットを締める場合の方が高い。 これに関し、いくつかの今日的事例がある。
概要で述べたとうり、コルセット一時的着用(24時間の内の10%未満の時間)は恒久的身体変形に至らない。持続時間が増加するに従ってとは言っても、永続的影響はどの程度なのかを私は次に述べる
私はコルセット一時的着用時の体型補正はほどほどの締めつけ(4インチ以下)であることを示唆している。実際、コルセットを週に数時間つけるだけなら、4インチ以上の締めつけは快適性の観点から身体にとって困難である。 4インチと言うのは一般的例示で、個々の人の体型、身体の大きさ、年齢などで異なることに注意して下さい。

恒久的身体変形

骨格上の連続的圧力は、骨をその形に除じょに成長させる傾向がある。肋骨は(女性は特に)しなやかなため曲がるが、曲がり方はアルミニューム片が曲がるのとは異なり、可逆的である。肋骨はちょうどバネのように非常にしなやかであり、決して不可逆的に曲がることはない。この肋骨を不可逆的に矯正するには、骨を構成するカルシュ-ムが胸郭の内側から外側へ再沈着する時間的暇を与えるため、数ヶ月に渡り一日数時間(4時間以上)内側への圧迫を必要とする。これの効果は正に恒久的であるが、コルセットによる圧迫を一年以内に止めたとき、全てが除じょに元の形にもどるかも知れない。コルセットによる矯正のスピードは高齢者は遅く、若年者は早いが、いかなる年齢でも矯正自体は可能だろう。あるべき体型のためには基本的骨格と筋肉状態が同じ程度の役目をはたすと思われる。これは修練によって身体を「彫刻する」方法である。例えば、誰かがひじを毎日、一日中ついていたら、その位置の皮膚が厚くなるとともに骨にカルシュームが追加的に再沈着するだろう。同様に、胸郭に圧力を加えることは一定時間経過後、それを新たな形に変えるだろう、しかし、それにはコルセットを日に数時間、数ヶ月にわたり着用することが必要だろう。

コルセットのデサインに従って、下側の胸はかけられた圧力の程度に応じ、漏斗形(参照 第一章 ) に圧縮されるだろう。


図.2 - 典型的アワーグラス形 - ウエストの90度に近い角度 と自由な胸に注目、下側の肋骨だけが影響される。
典型的なアワーグラス形では胸郭は極端に締めつけられない、従って胸郭への圧力は限定的である。他方、スズメバチスタイルのコルセットでは、下部肋骨に強い圧力がかかる。この肋骨への圧力は二つの影響がある: 既に述べたように、コルセットへの小さな抵抗をしながら胴がコルセットの形を受け入れることを許容し、肋骨のために新しい曲線を作り出すため、骨のカルシュームは移動するだろう。これは比較的ゆっくりとした変化の過程で、年齢依存性があり、数ヶ月または一年以上かかる。より詳細に見ると、肋骨がわずかに下方に傾くとともに、肋骨が内側へより小さな半径で曲がることを強制されることで胸郭直径の減少は起こる。変化の一部は背骨の肋骨接合部と、胸骨についた軟骨からのものである。 (see 第一章-胸郭) . 肋骨半径の減少の機構は、時間の経過より肋骨外側のカルシューム沈着と内側からのカルシュームの溶出より、より小さい半径を有効につくり出す。肋骨はいつでも与えられた内向きの曲げ力応じた曲がりを許容するだろう、しかし、これは実際上、矯正訓練の基本的根拠である。連続的な正しいく、適切な圧力は漏斗形の胸を必ず作りだすだろう。許容できる締めつけの程度、または内向き圧力は着用者が安らぐか我慢をするかを決める。私は、もし不快感が続くなら、コルセットは単純にきつ過ぎると思う。毎日ほんの数時間コルセットをつける場合、矯正の効果は数ヶ月の期間をへて確実に示されはするが、コルセットを日に8時間以上つける場合に比べ効果は大変ゆっくりしか現れないだろう。

30インチのウエストを4インチ締めて26インチにすることは、たぶんほとんどの着用者にとって快適であり、数週間以内に素早く慣れることができる。恒久的身体変形が完成するまで、肋骨は一日当たりのコルセット着用時間に応じた、以下に示す影響を受けるだろう。日に2時間以上の着用は何らかの影響を持つが、その影響は数時間持つだけかもしれない、従って恒久的効果は得られない。もし、下着が日に4時間かそれ以上身体を締め付けるなら、肋骨は敏感になり、転換プロセスは動き出すだろう。(この程度は代謝率や筋骨活動レベルにより大きな個人差があるが)
内臓は一層の締めつけを許して、より動きやすくなることにより影響される。時とともに腹部臓器(コルセット着用の有無にかかわらず)は相互連結繊維を発達させ、臓器に活発な刺激を与えない限り、徐々に臓器の動きが小さくさせる。皮肉にも、毎日のコルセット着用は腹部の内臓への刺激と同様の効果があるでしょう。ウエスト圧縮からの圧力は器官を動かすでしょう。 (参照 第二章 ) 内蔵の移動や再配置の程度は胴が曲げられて時、例えばイスに座った姿勢で床の何かを拾うような動作時と同じであることに注意して下さい。 ほとんどの人々が理解している以上に、器官は動き回ることができます。 誰かが立って背筋を伸ばしているときに対して、座ったり、寝たり、体側を曲げたときの胸郭と腹の位置を比較してみなさい。この大きな移動性はコルセット着用で、体型を修正または高めることを可能にする。この増加した移動性は時間の経過とともに一層のウエストの減少を可能とし、難なく、悪影響なしに6インチか それ以上 減少を許すだろう。これを実証するために、逆ではあるが簡単な実験をやって見なさい:胃付近の腹部をできるだけ強く引っ込めた状態でウエストを測って見なさい、次にできるだけ膨張させた状態で再度測って下さい。この違いは利用可能な臓器の移動性の程度の直接的結果であることに注意して下さいまた、複式呼吸における腹壁の動きにも考慮が必要です。

図 3 - とても小さなウエストであり、コルセット上部まで閉じられたとき、胸下部は非常にきついと思われる。 胸郭は強く矯正されている。


図.4 - 伝統的体型 、 何年にもわたるコルセットの締めつけの結果 ( 1890年ごろ)
内蔵への恒久的影響は主としてその位置に関するもので、(参照 第二章 )しかも大きな位置の変更はない、肝臓の大きさは減少するかも知れないが、それは主として食物摂取量の減少によるものです。胃に対する圧力は、そのキャパシティーを減少させ、食欲抑制剤の働きをする。 (当然だが、食事の時にコルセットをきちんと着けていることが前提だか) 腸の機構は胃から十二指腸、小腸、大腸に至るいくつかの空洞の器官で構成されるので、内容物は大きな容積を作り出す。一方、筋肉の緊張はそれ以上に大きな容積を減少させます。この二つの現象は、自然が様々な現象を呼び出すことができる著しい可能性を示し、それはまた、コルセット着用者が身体変形ができることをも示す。
背骨は影響されるかもしれないが、湾曲傾向は押し付け効果の結果IAPの増加と堅いコルセットの支えにより制限される。医学上の歴史的記録によれば、一般にコルセットによる締めつけを行っていた女性はめったに健康問題を起こしませんでしたが、現代女性は人口割合で少なからぬ人びとが健康問題を引き起こしています。先に言及している、S字コルセットの使用からくる背骨の湾曲は直ちに健康害する問題ではなく、それどころか上体の体重を直接ヒップに伝え、背骨の負担を軽減している。
まとめ:意図的な恒久的身体矯正の対象はほとんど胸郭に限定され、それは時間の経過とともに肋骨接合部の柔軟性と肋骨自身の湾曲の増加を良く示すだろう。 しかしながら、コルセットが長期間の間着用していない場合、このメカニズムは可逆的なので、1年未満以内に効果の大部分は帳消しになるだろう。レートはもちろん変わる。内蔵のうち、肝臓は食物消費量の減少のため小さくなるかも知れない、また、胃は同じ理由で”伸びなくなる”か収縮するようになるかも知れない。内臓のうち、肝臓は縮小された食物消費の結果サイズで縮小するかもしれません。また、胃は、「伸ばされない」ようになるかもしれないか、同じ理由のために縮むかもしれません。これらの結果のどちらも、不健康要因あるいは危険要因と考えられます。

 

図 5 (左)
Martha Bernays ( 1886)

きつくコルセットを締めている

 

図 6 (右)
Martha Bernays ( 1905)

著しい永続性がない

例示:シグモンド・フロイドの妻Martha Bernays、彼女の1886年の結婚写真(上の図5)は明らかにコルセットを締め上げている体型を示している。その写真が撮られた時以前に、結婚前の彼女と同世代の女達の通例として、彼女は何年もコルセットを着けただろう。数年間にわたり6回(!)の健康な妊娠をした後の彼女の1905年の写真(図6、上)は若いころのコルセットによる締めつけの痕跡さえないほど、体型が大きく変わったことを示す、彼女は当時益々一般的になった、より緩いスタイルの服を着たかもしれないのだが
恐らく、ほとんどのコルセット長期着用者、特に締め付けに熟達した女性は支えを必要としたため、1920年代と30年代でさえ、コルセットを付け続けた。 重要な点は、長年コルセットを締めつけ続けても、Marthaは健康で80歳代まで生き、健康問題で苦しんだり生殖能力を制約されたりしなかったことである。
結論:コルセットは十分にきつく、長期にわたり締めるなら体型矯正効果を発揮するだろう、しかし、着用を止めれば効果は時間の経過とともに帳消しになり、結局もとの形に戻ってしまうだろう。いくつかの矯正された胸郭が二三のファション博物館に展示されている、彼女らは死の日までコルセットを締め上げていたと結論することができるが、すなわち、死だけが効果を永遠のものとすると言える。
一時的コルセットの締めつけはいかなる永久的な効果も全く与えない。このことに関し二三の例を上げよう:

例 1: 平均的な28インチのウエストには劇的な10インチの締めつけが望まれる目標であるとすると。目標達成のためには、厳重で長期にわたるコルセットによる締めつけ以外にいかなるやり方もあり得ない。仮にそれが可能で、そして誰かが一日で28インチから18インチへ締めつけたとしたら、その人はたぶん重大な健康問題に悩むだろう。 ほとんど確実に、不快は堪え難いレベルに達するに違いないので誰も過度に極端にかつ短期間の締めつけを行ってはならない。ここに、適応のための時間が全く与えられていないことと先行訓練なしで、それほどに急速に体内生理を変えることはできないことが主要な問題として存在する。
他方、ライフスタイルを変更し、7/23着用スケジュール(週に7日、日に23時間のコルセット着用)と2年間にわたるゆっくりとした締めつければ、身体は適応するだろう、そして着用者の快感次第で、締め付け過程は望ましい10インチの縮小をトラブルや健康問題の発生なしに実現するかもしれない。これは非常に重要な点であるが、各個人が物理的限界を大きく越えるなら、どのようなやり方でもウエストの縮小は不可能だ、しかし、常に快適さの限界は物理的限界や障害発生の遥か手前に位置する。したがって,苦痛か不快感を感じたときは、すぐにコルセットを緩めることが極めて大切である。
例 2: 継続的着用はコルセット依存症を引き起こす。女性がコルセットを継続着用することが常識であった時代、妊娠は大変微妙な問題であった。まず、彼女は彼女が妊娠したとわかる前、少なくとも1、2カ月妊娠しているだろう。次に、当時の社会常識では妊娠状態は公にすべきものではなかった。そのための一つの選択は家に引きこもることであり、もう一つの選択は社会にとどまり、コルセットの締め付けを少しづつ弱めながらできるだけ長く妊娠を隠すことである。

図 7 (left)

19世紀後半の妊娠コルセット

 

図 8 (right)

現在の母性のサポートコルセット「BackA-Line」からの.

 

継続的にコルセットを着用し締めつけを行っている女性の多くは、腹筋や背筋の衰えによりコルセットなしに立っていることや座っていることに困難を感じる、従って、妊娠コルセットが胴を支えるためにしばしば必要だった。妊娠コルセットは上図7でわかる通り極端な形をしていないように思われ、両脇の追加の締め紐は増加する腹部の膨張を許容し妊娠中、腰とウエストから上の胴体を支える。このコルセットなしでは継続的にコルセットを着用していた女性はベットに寝ている他なかっただろう、そして、多くの健康リスクの創造は運動不足に起因する。私は妊娠の間のきつくひもで締まることを勧めないが、私は歴史的な参考としてこの例を引用する。また、多くの場合サポートベルトかコルセットが、妊娠している女性達の腰部の十分な保護のため処方される(上図8)。典型的な例は、残念ながら60才代で暗殺された有名なオーストリアの女帝エリザベスか“Sisi"で、公表されたウエストサイズは19インチであった。彼女は継続的なコルセットによる締めつけを毎日した。粗食による不健康は彼女の執念だった。それにもかかわらず,彼女は彼女の妊娠成功裏におえた。不衛生なその頃の状態を考えること、健康リスクは主として様々な形の感染から生じる、私は次の章でより詳細にこれに関して論評するつもりである。しかし一般に、習慣的なコルセット着用者が毎日15-20分間、背中と腹部の筋肉の強化訓練をするのは望ましい。それは退化を防ぐから。
最後に、年齢的要因: まだ柔軟な骨の構造をを持ったティーンエイジャーは中年女性より早く矯正することができるが、この矯正メカニズム自体はいかなる年齢の人にも時間はかかるが働く。より早い新陳代謝はより早く適応しそうで、若者は(25歳以下)数ヶ月以内で比較的早く矯正をできる。しかし、40歳代でも事前のコルセットによる締めつけなしに、同じ結果に到達することができるが、既に述べている快適なレベルでの締めつけ期間の余分な数ヶ月が必要かもしれない。時々示されたように、他の要素は17インチや16インチのウエストさえつくり事でないかも知れない、十代の身体のとてもスリムなか傾向である。十代のごく普通の32 22 32インチの体型を考えた時、18インチのウエストを作るのにコルセットを連続的に着用するような、極端な手段を取らなくても、追加的なウエストの減少は十分に可能である。このようなケースでは、7/23着用スケジュール(週に7日、日に23時間のコルセット着用)でコルセットが着けられる時、矯正された体型はより長く続くかも知れない。
最後に、私はファション用品としてコルセットの現代への復活にあたり、たぶん体型矯正用品としてのコルセットはガイドラインが守られるなら、完全に安全であると申し上げたい。身体矯正のためにはこれらの同じルールが適用されるが、より細かな注意が問題を避けるためには不可欠である(参照 第二章 ))原則的に、適切な注意と管理で身体矯正の安全は確保できる。

重要なことは、現代女性(男性)のコルセット着用自身は選択であるため、一般の人々によってファション的なコルセット着用が受け入れられにくいことである。 これは個人的な選択であり、表現の自由として尊重されるべきである。これらの記事で、私は出来るだけ、実際の話題を提供し続けることを望んでいる. 私は正確を期すため最善を尽くしており、この話題に関して全てを語り尽くすのは難しいので活発な質問を歓迎します。
私はまだ、”医療”目的であるため否定的反応や意見なしに行われている、強度の水準のの締めつけを経験する整形外科用コルセットの全使用者(今日も!)ことを一つ指摘することができる、単純な事実である「快適感」は総合的な健康(心と身体)の最初の徴候である。

読者へ、
私は今あなたに要望がある。

個人的に、私はコルセット着用の心理学に大変興味があます。コルセットを着るのが好きな男女が様々な観点の満足を経験する。ある場合は、直接的覚醒、その他の場合は幸福の長期的感じと。多くの場合、それはブラジャーやガードルのような自信を高めるための単なる下着として、また他の場合は、単に腰などの支えとして、または両方の理由で使用される。私はこの話題に関するValerie Steelの2冊の非常に包括的で上手に書かれている本を読んだが、彼らは上の問題を部分的に記述するだけであった。
私は、現代のあなたの経験や意見を、公開や単に記録保管調査のために、 LISA に対する反応としてメールするなら、感謝する。。

翻訳許可

本稿はLISAより日本語への翻訳および公開の許諾を得ています。
また、本稿の日本語版著作権は「コルセットのお店」に帰属します。無断掲載、転載はお断りいたします。

ご意見、ご感想

日本語でのご意見、ご感想はこちらへ