コルセット紀行 4
コルセットの販売
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルセット紀行 4


英国コルセット紀行パート4


バース、ウエストべリー、ブライトン、ロンドン

その後、A36をバースに向かって下った。バースは紀 元前44年、ローマ時代に築かれた文字どうりお風呂 の起源でもある。18世紀には英国上流社会の社交の場 でもあった。

61

バースは温泉で有名な観光地、 この二階建てこれからバスで見学します

First バスツアーのHP
http://www.bathbustour.com/about.html


ロンドンヘリコプターツアーのHP
http://www.bathbustour.com/about.html


62

このバスには日本語ガイドのいますが、 私は英語の練習もかねて英語ガイドを選びました。

64

65

エイボン川舟遊びも楽しめます。

66

このバスのガイドさんは英語しか話さないのですが、日本通でした。1980年代には南アフリカのバイヤーとして盛んに日本にやってきていたそうです。キャノンや三洋に良くい行っていたと懐かしそうでした。家族で日本を旅行して旅館に泊まったときの体験も楽しそうに話したいました。しかし、その後の南アフリカの 政変で本国に引き上げ、今ここでガイドをやっている そうです。ここからは私の想像ですが、引揚者は社会 的地位も財産もほとんど捨てて新たな生活を築かなくてはならないのだろうと思います。真っ黒に日焼けした彼の顔を見て、ここでのガイド生活も大変なのではないかと思いました。南アフリカのアパルトヘイトは許されるものではなく、改められたことは正しいことと思いますが、その影でいろいろ苦労をしている人もいるのだなと思いました。

67

有名なバスミュージアム

ローマンバスミュージアム http://www.romanbaths.co.uk/

68

69

ドレスミュージアムのバッスル http://www.museumofcostume.co.uk/

15時ごろバースを発ち、A36を少し戻ってLimpley Sto ke付近のベストウエスタンクリフホテルに向かいました。このホテルは約165年前別荘として建てられたものを1961年ホテルに改造しました。日本だったら絶対立替だと思いますが、イギリス人は古いものを大切にしていました。今日と明日はこのホテルに泊まります。

6月26日(土)

CアンドSのスチワート、トレンチ氏と奥様のコンスタンス氏が私のホテルに来ていただきました。その後、ご自宅にご招待していただきました。ランチは田舎の パブへ連れて行ってもらいました。田舎なので日本人は珍しいようで注目を浴びてしまいました。恥ず かしいやら、嬉しいやら複雑な気持ちでした。スチ ワートは細かくよく気の付く人でした。奥様に対しては常にレディーファーストでした。私に対しても「アフターユー」でした。きっとA型に違いないとB型は思いました。女性の方はこんな旦那様が理想 じゃないでしょうか?しかし、私は少しスチワートに同情の念を感じました。

71

C&S社のあるウエストベリー付近の田舎

6月27日(日)

翌日、コンスタンスに「日曜なのに教会に行かないのですか?」と聞きました。彼女は教会には行かないが、心の中でお祈りしているといいました。それでどのくらいの人が毎週教会に行くのかと聞きました。彼女は「7割は行かないと答えました。」私は もっと行っていると思っていました。非常に意外でした。そこで、あなたは神の存在を信じましかと聞いたら、時々と答えました。まぁー葬式キリスト教 なんでしょうか?日本と同じで安心しました。そういえば、コンスタンスもケニアからの引揚者だそうです。

72

こういうところでお茶でも飲んで過ごせたら幸せを感じるかも。

73

景色を見ながらのブレックファースト。

74

ベストウエスタンクリフホテル、これまた超古い建物

75

私のレンタカー「シーニック」

76

77

CアンドSに保管されていたボラーズのコルセット特殊ミシンを使用していたので今では絶対に復製できない貴重品です。
今日の午前中、スチワートの家で昨日の続きをやりました。それから、日曜の渋滞を避けるために早め にブライトンに向かいました。今回もやはりスチワ ートにメイン道路A36まで誘導してもらいました。このころにはイギリスの道路事情にもなれて運転にも余裕が出来てきました。

78

ベストウエスタンプリンセスマリンホテルHP

ブライトンには16時ごろつ来ました。ホテルに車を 置いてすぐに電車でロンドンに向かいました。ブラ イトンの駅は結構立派な駅でした。と言うのもブラ イトンは観光をメインの産業としている地域だから だと思います。ここから、ロンドンまでは約1時間 、しかし、ロンドンに近づくと天気は荒れ模様にな ってきました。しかも、行き先が良くわからない理 由でロンドンブリッジ駅に変更になってしまいまし た。傘もないし、日本みたいにコンビもないので困 っていましたが、駅のそばからBIG BUS と言う観光 バスが出ていました。これでとりあえず濡れずに市 内が見られると思い乗りました。

79

午後電車でロンドンに、すごい雨でしたがめげずに観光バスへ

観光バスに関する情報は下記URLを参考にしてください。